【車売却】残っている自動車ローンはどうなる?

【車買取】残っている自動車ローンはどうなる?

 

 

買取や下取り、個人売買などで車を処分するとき、「残っている自動車ローンはどうなるのか?」は気になるところです。

 

ローンの残債があっても車を売ることはできるのか?について解説します。

 

 

 

ローン残りがあっても売買は可能

 

ローンが残っている自動車でも自由に売買することができます。

 

ただし、その自動車があなたの個人名義である場合です。

 

名義人が信販会社になっている場合は、

 

・ローンを一括返済して自分の名義に変更する

 

・信販会社に売却の許可を得る

 

といった手続きをとる必要があります。

 

所有権留保解除について

名義人が信販会社になっている状態を「所有権留保」といいます。

 

車を売るためには、ローンを払い終えて、名義人を変更するという手続き(所有権留保解除)が必要になります。

 

所有権留保の解除には以下の書類を揃えなくてはなりません。

 

・自動車税納税証明書

 

・印鑑証明書

 

・完済証明書

 

・信販会社の委任状

 

その上で、さまざまな手続きを踏む必要があるため、まとめて代行業者に依頼する人が多くなっています

 

 

 

名義変更せずに売却するのはトラブルの元

 

知人や友人に売却する際には、ローンの取り扱いについてしっかりと相談しておかなくてはいけません。

 

後々、トラブルの原因になりかねないからです。

 

また、車を手放す際には名義変更を必ず行いましょう。

 

万が一名義変更なしに売却して、その車が自動車事故を起こした場合、名義人の責任が問われることがあります。

 

 

 

車を売ってもローンの債務は残る

 

当然ながら、車を売却してもローンの未払分の債務は残ります。

 

1.ローンを一括返済する

 

2.新車のローンに上乗せする

 

処理の方法には上記の2つの手段があります。

 

しかし現在ではクレジット審査が厳しくなっているため、上乗せローンは難しくなっています。

 

もしローン金額の合算が認められても、各回の支払額が大きくなることから、経済的余裕がないときには支払い続けるのが困難になりがちです。