査定額の季節変動 クルマが高く売れる時期とは?

査定額の季節変動 クルマが高く売れる時期とは?

 

 

中古車の買取査定額は季節によって変動するものです。

 

つまり、同じ車でも一年の中で高い金額がつきやすい時期があるということになります。

 

差し迫った事情がない場合は、車が高く売れる季節に売却するようにするのがおすすめです。

 

 

 

入学・入社シーズン

3〜4月の春の入学・入社シーズンは、中古車の需要が上昇し買取相場も高くなります。

 

これは免許取得者が多くなることに関係しています。

 

 

大型連休前

ゴールデンウィークや年末年始などの大型連休には、毎年、帰省や旅行を計画する人が多くなります。

 

新車と違って納車までの期間が短くて済む中古車がよく売れます。

 

 

ボーナス時期

ボーナス時期には買い替え需要が高くなり販売台数も増えるため、査定額も高くなりやすいです。

 

ディーラーなどは、この時期に販売キャンペーンを組むのが一般的です。

 

 

夏場、冬場に売れる車種

季節によって需要が増える車種もあります。

 

4WDのSUVがよく動くのが雪が降る冬場。

 

アウトドア・レジャー向きのキャンピングカーなどは夏場に人気が上昇します。

 

 

 

査定額の季節変動はひとつの目安

 

以上のように「車が高く売れる季節」はあるものの、それに縛られすぎると損をする可能性もあるため注意が必要です。

 

買取相場が高くなるということは、同時に、中古車の販売価格の相場も上がる時期だといえます。

 

ですから、車を手放してすぐに買い換えるという場合には、「プラスマイナスでそれほど得にならなかった」というケースも出てきます。

 

また、売却時期を先延ばしにすれば、それだけ車は古くなり走行距離も増えます。

 

それらは当然、あなたの車の買取査定額を下げる要素になるため、基本的には「売りたいと思った時に売るのがいい」というのが正解でしょう。