走行距離が車の買取価格に与える影響 短ければいいというものではない

走行距離が車の買取価格に与える影響 短ければいいというものではない

 

 

車の買取価格にもっとも大きな影響を与えるのが走行距離です。

 

走行距離が多いほど、自動車の劣化が進んでいると判断されるからです。

 

しかし、年式に対して少なすぎる場合もマイナス査定の一因となります。

 

走行距離は短ければいいというものではないのです。

 

 

 

走行距離の買取査定基準

 

走行距離は“車の寿命”とも言われています。

 

たとえば、「10万キロを超えたからすぐに壊れて乗れなくなる」というわけではないものの、故障が発生する確率が高くなるのは間違いありません。

 

消費者もそのことをわかっていますから、過走行のクルマは売れにくくなり、自然と買取額も下がることになります。

 

査定の基準としては、

 

軽自動車:年間走行距離 8000km

 

普通車:年間走行距離 10000km

 

というのが一般的で、このペースを超えると買取額は距離に応じて下がっていきます。

 

 

 

走行距離は短かすぎても良くない

 

逆に、新車からの年数に対して走行距離が少なすぎる場合もマイナス査定の対象となります。

 

自動車は機械ですから、動かさない期間が長いほど調子が悪くなります。

 

たとえば、「7年落ちで走行10000km」という車の場合、平均の年間走行距離は1400kmほど。

 

ですが、「何年も動かさずにいたのだろう」と推測されてしまうかもしれません。

 

自動車は走らせることによって機能を維持することができます。

 

そのため、適切な使用状況にあったことを示すために、適切な距離走っていることも大切です。

 

 

 

メーターの改ざんはプロには通用しない

 

最初に書いたように、走行距離は中古車の買取額に大きな影響を与えます。

 

そのことから、メーターを巻き戻して走行距離を改ざんしようとする悪質なユーザーもいます。

 

しかし現在では、不正行為を未然に防止するための『走行メーター管理システム』があるため、メーター不正はほぼ不可能になっています。

 

また、査定士はプロですから、そのシステムを使うまでもなく、そのクルマの状態からおおよその走行距離は見積もることができます。

 

個人間取引ならまだしも、プロには通用しないと考えておきましょう。