事故修復歴有り車の査定について 事故減価価格証明書とは

事故修復歴有り車の査定について 事故減価価格証明書とは

 

 

買取店では、事故車・修復歴有り車でもしっかりと査定してくれます。

 

中古車査定士は資格を取得するにあたって、事故減価についての講習をきちんと受けています。

 

ここでは、“事故の後に修復されている車”の査定について触れていきます。

 

 

 

きれいに修復している場合、査定士が見逃してしまうケースも

 

いわゆる「事故歴」には2つの種類があり、破損が骨格にまで及んでいるかどうか?によって区別されます。

 

正確に言えば、事故を起こしても破損が骨格部分にまで達しない場合は、いわゆる広義での「事故車」とは言えません。

 

そのため売買時に告知する義務もなく、普通に査定を受けることができます。

 

軽微な破損で、それを板金・修復している場合には、査定士でも見逃してしまうケースは多々あります。

 

そのことからも、無事故車と同等の買取額を期待できるといえるでしょう。

 

 

 

事故減価価格証明書について

 

事故車とは、交通事故などを起こして全く動かなくなった状態のことをいいます。

 

事故車のより厳密な査定を希望するときには「事故減価価格証明書」が必要になることがあります。

 

事故減価価格証明書は、事故によるクルマの価格落ち(評価損)を証明するもので、中古自動車査定協会(JAAI)で発行してもらうことができます。

 

自動車保険を使って車を修理したとしても、事故歴があることで売却価格が下がってしまいます。

 

このマイナス分を損害賠償請求するために、事故減価価格証明書の発行手続き欠かせないものです。